P ・支配人・マスターの独り言

日々の雑談、思いつきをつらつらと書いていくだけ

ライブ納めとライブ初めの話【ReoNa、ミリシタ感謝祭、USG、スタァライト】

今年のライブは全日程終了!そして2022年のライブへ

 

どうも、さっぴーPです。

めちゃくちゃ遅くなったね。すっかり投稿を忘れていたのよ。

 

今回は年末年始(11月〜2月)のライブのお話を。

というわけで

・11月『ReoNa ONE-MAN  Concert Tour These Days 東京公演』

・12月『ミリシタ感謝祭2021-2022』

・1月『UNISON SQUARE GARDEN  Tour2021-2022 Patrick Vegee 高崎公演』

・2月『劇場版 少女歌劇 レヴュースタァライト オーケストラコンサート』

の4つの感想記事を。

 

ではでは。

 

 

①ReoNa ONE-MAN Concert Tour These Days  Final 東京公演(中野サンプラザ)

 

 

 

ReoNaのソロライブは今回が初参加。初めて生で聴いたのも2月のリスアニライブが初かな。その時の思いと独特の空気感をまた味わいたくて初参加。

 

ライブ前の話から。

常連になりつつあるおにぎり屋「シイナノゴハン」でお昼。そして「庵野秀明展」に。

庵野展の写真はTwitter見た方が早いけど、お気に入りをいくつか。

 

 

さて、ライブの話を。

今回の会場は中野サンプラザ。何気に初だったりする。前は中野ZEROだったしな。

ReoNaの特徴といえばあの独特な話し方。MCも引き込まれるような話し方。シンプルだからこそ然り届いてくるものがある。

さて今回もお気に入りの曲からいくつか。

 

 ・ないない

  TVアニメ「シャドーハウス」EDテーマ。声と音とのミックスというか合わさり方が

  めちゃくちゃ好きでめっちゃReoNaっぽい楽曲。

 

 ・生命線

  次々と大きいタイアップがある中、特に驚いたのが月姫リメイク。ライブだとライトの演出がめちゃめちゃ良くて、直死の魔眼が見えるようなライン状のライト。   歌と合わさって素晴らしかったね。

 

 ・生きてるだけでえらいよ

  ここ最近で結構衝撃的だった楽曲。絶望の中のちょっとした救いの話。当たり前の素晴らしさに改めて気付かされる楽曲。

 

 ・決意の朝に

  Aqua Timezのカバー楽曲。元は映画「ブレイブストーリー」の主題歌。        カバー曲としてはめちゃくちゃぴったりな選曲だったよなと。

 

 

 

 

 

 

②ミリシタ感謝祭2021-2022 (栃木県総合文化センター)

 

 

 

 2021年のライブ納めは当たると思っていなかったミリシタ感謝祭になりました。

 そもそもミリシタ感謝祭とは抽選応募制の無料招待イベント。当たらなかった場合でもニコニコ動画や公式アプリ内で無料配信、アーカイブありの太っ腹イベント。今回で4回目の開催。今まで横須賀芸術劇場舞浜アンフィシアター、松戸森のホール(オンラインのみ)と関東近郊の会場で行われ、今回は栃木県総合文化センターアイマスシリーズでは初の栃木県会場。キャパがあんまり多くなく抽選で大体2000人くらいが基本かな。けれど今回は1席空け等の影響でわずか約650名。

これ当たった方が奇跡だったんじゃないの。

 

今回は2階席だったけど思ったよりも全体が見える席で満足。

何せミリオンライブの現地はめちゃくちゃ久しぶり。前回が2018年の5thなので実に4年振り。LVで6th福岡、オンラインで7thRを見ているせいかそんなに久々とは思わなかったなぁ。てかリスアニ2021で見たんだけどね。

しかし見る曲見る曲が初現地なので大変面白かったし、また現地に行きたくなるようなライブだったなぁと。

こちらもお気に入りの曲などを。

 

 ・クルリウタ

  思っていたよりも怖い楽曲。ミリシタくんはホラー系の楽曲好きだよね。

  ちなみに今回は生徒側の三人で歌唱。より残酷では?

 

 ・Miracle Night

  実はめちゃくちゃ大好きな楽曲。このライブだけで聴けた駒形・南ペアのやつは

  いつか音源化して欲しいレベル。映像化されたらぜひ聴いて欲しい。

 

 ・IGNITE

  まさかのそっち!?オベイロンpの立場はどこなんですか。真壁センター

  強かったな。GGO編だったのはなんでだったんだろう。銃の世界が有ったのかな

 

 ・トークコーナーというか投票系の話

  投票結果を見て思ったけどみんな思ったより常識あるんだなぁと。欲に正直

  になって良いんだよ?劇中劇に関しては魔法学園のガチャ大好きだったから

  嬉しいね、ちなみに復刻でも引けませんでした、物欲センサー。。。。

 

 

 

 

 

UNISON SQUARE GARDEN Tour 2021-2022 Patrick Vegee  高崎公演(高崎芸術劇場)

 

 

ついに初USG!一回でいいから行ってみたかったアーティストNo.1のUSGこと

UNISON SQARE GARDEN。最初のハマったのはいつだったかな。

たぶん「桜のあと(all quartets lead to the?)」が最初かなぁ。夜桜四重奏経由でハマって

いつかライブに行ってみたいと思い続けてようやく参戦。高崎芸術劇場って初めてだったのだがめちゃくちゃ綺麗な会場だね。

席が2階1列目ど真ん中とある意味神席。すんごい見やすかった。

ではではお気に入りの曲を。

 

 

 ・Phantom Joke

  TVアニメFGOバビロニアの主題歌。USGらしい疾走感ある楽曲。普通にいい曲とは

  思っていたけれどライブで化けるなこの曲。ライティングと合わせてめちゃくちゃ

  カッコよかったな。

 

 ・シュガーソングとビターステップ

  この曲は衝撃的だったな。音楽番組でよく見るようになったのもこの楽曲。

  田淵が死ぬほど暴れる暴れる。ステージから消えそうなレベルで動き回る。

  見どころが多すぎる楽曲。

 

 ・春が来てぼくら

  TVアニメ3月のライオンの主題歌。アンコールのラストをこの楽曲で締めるって

  のがめちゃくちゃエモくてセトリ神か。と思った。

 

 

④劇場版 少女歌劇 レヴュースタアライト オーケストラコンサート 夜の部(幕張メッセ イベントホール)

 

 

 

オーケストラで泣くとは思いませんでした。

翌日までTwitterアイコンが墓になったスタァライトオケコン。

劇場版を買ったら優先申し込み権が付いてきたから応募した→当たった、す、スタァライトシート!?みたいな感じだったので、どんなもんかなぁと思っていたらこれだよ。

という訳で人生初のオケコンへ。みんなが着ていた「ワイルドスクリーーンバロックT

シャツ」どこで売っていたんだろう。あれ欲しいんだけど。

情報をほぼ遮断したくてなんか昼の部終わったな?くらいしかわかんない感じで入場。

今回の座席はA1。幕張メッセ イベントホールと相性は良い気がする。毎回アリーナ前方後かスタンドも前列か左右の前側な気がする。

さてレビュー曲とお気に入りの感想を。

 

 ・再生賛美曲

  歌ったよ、歌唱パート有りって書いてあったけどいきなり歌ったよ。実質周年

  ライブやんけ!って。映画二本を題材にした壮大な物語の始まりをみた。

 

 ・Ki-ringtrain→wi(l)d-screen baroque

  キリンの着信音はめちゃくちゃ好きなんよ。しかしワイルドスクリーンバロック

  が始まった時、もえぴ出てきてレヴュー曲やるんか!?ってなったね。

  「自然の摂理なのね」の”ね”の落ち具合が最早怖かった。オケバックで歌うと怖さ

  が倍増している気がする。

 

 ・わがままハイウェイ

  ちゃんと2人いたよ。隣に輝ちゃんが見えたよ。吐息がエッっっっっっって感じ。

  これは豪華なレヴューが見れるんだなぁと感無量だったね。

 

 ・MEDAL SUZUDAL PANIC

  これも好き。間の取り方というか無音の作り方(演出)というか、後は光の

  演出かな。陽葵ちゃんの表情とかもすごく良くて怖かったね。表情で歌ってた。

 

 ・ペン:刀:力

  正真正銘、歌での殴り合い。真っ正面から叫ぶように歌にのせてぶつけ合う。

  強い、強いなぁと。  

 

 ・美しき人 或いは其れは

  もはや舞台でしたね。なんかここだけ違う次元で起きてるみたいだった。

  振りから立ち位置、はけ方まで1つの演目をみているような気分でしたわ。

  歌詞がない部分で決めポーズだけ決めに来た真矢様すごい。

 

 ・スーパースタァスペクタクル

  もうこれは最高傑作では?クライマックスに相応しい熱量を持った曲。

  やっぱこの曲好きだな。後は何と言ってもライティング。光の演出が

  素晴らしかった。映画の「最後のセリフ」のあのシーンまんまの動き。   

  すぐそこでスタァライトしているのが見えてもう感慨深かった。

 

 

 ・私たちはもう舞台の上

  この曲凄いね。改めてオーケストラで、この流れで聴いてみると良い曲だな

  って。スーパースタァスペクタクルから、シームレスにこの曲に入って、袖から

  メンバーが出てきて楽しく歌って、大団円にふさわしい楽曲になったなぁ。と。

 

 

 ・統括

  とりあえず、幕張メッセイベントホールでみるオーケストラ生演奏、歌唱での

  「劇場版 レヴュースタァライト」上映会。

  丸々映画一本見た感じだったね。もう一回映画館で見たくなってしまった。

  配信も多くなってきたこの世の中で劇場(映画館)でみる価値があるってのは

  凄い作品だと思う。後何よりファンの熱意が強いのよ。

 

 

 

 

さて、若干駆け足で4つのライブの振り返りをしてきたけど、よくこんなにライブに参加できていたな。

今年も夏頃までライブの数は多そうなのでそれぞれ楽しみ。

 

ではまた次の記事で。

Aqours 6th埼玉公演の記事かな、今月中には書きたいなぁ。